冬ドラマ絶不調のまま終了!軒並み視聴率1ケタ・・・フジ月9は最低更新

印刷

   1月スタートの冬ドラマは総じて視聴率は低めなのだが、今年はとりわけ不調が目立った。全話を通して10%台を維持したのはテレビ朝日系「スペシャリスト」(木曜よる9時)だけで、それでも平均すると12・67%と、ゴールデンタイムの連続ドラマでまずまずのヒットといわれる15%にはほど遠かった。

   この他でなんとか2ケタ台に踏み止まったのは日本テレビ系「怪盗 山猫」(土曜よる9時)の10・85%で、この2つ以外はすべて視聴率1ケタに沈んだ。フジテレビのドラマ看板枠「月9」の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜よる9時)は9・71%でこれまでの最低となってしまった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中