女子中学生なぜ2年間も逃げられなかった?料理したりスーパーに1人で買い物

印刷

   女子中学生を2年間にわたり監禁して身柄を拘束されている寺内樺風容疑者(23)は、今年(2016年)2月まで千葉市稲毛区のアパートに中学生を閉じ込め、隣接する千葉大工学部に通っていた。

   同じ階に住む男性は「(寺内は)はきはきと受け答えのいい人だったが、女の子は見ていないし、声も聞いていない」と話す。アパート1階には当時コンビニがあり、深夜まで人が出入りしていた。周辺は住宅街で、他のコンビニや交番もあったが、近所の人は「男なのに女性誌を買う。そういう趣味の人かと思っていた」「学生はいっぱいいるから」という。

「怖くて逃げ出せなかった」

   千葉大によると、寺内は情報画像学科の「ごく普通の学生」で、トラブルもなかった。工学部の学生は「普通で、とくに隠しごとをするタイプではないと聞いています」と話す。

tv_20160329114352.jpg

   保護された女子中学生は食事は与えられていたが、監視されていて逃げ出せなかったと少しずつ語り始めているという。父親によると、拘束はされておらず、揚げ物やハンバーグを作らされることもあったという。一人でスーパーに買い物に行ったこともあるが、怖くて逃げだせなかったらしい。

専門家「最初に恐怖体験があると心理的拘束」

   東京未来大学こども心理学部・出口保行教授は「こういう場合は、最初に恐怖体験があると心理的拘束がかかります。(いまの状況を)しかたがないと思いこまされてしまうんですね。東中野に引っ越したことで支配的環境が変わったのでしょう」と分析する。

   司会の羽鳥慎一「被害者一家がまずは静かに暮らすことと、動機面の解明も大事になってきます」

   警察は東中野のアパートから中学生の制服やネームが入ったジャージを押収、寺内のけがが回復しだい未成年者誘拐容疑で逮捕する。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中