乙武洋匡「参院選」自民党は擁立せず!本人まだ意欲・・・他党から出馬?

印刷

   自民党は5人不倫の乙武洋匡の参院選擁立を見送ることを決めた。ただ、他党からの立候補打診もあって、来週5日(2016年4月)に行われる誕生パーティーで本人が最終的に明らかにすると見られる。

   障害にもめげず明るく前向きに生きる姿が広く支持され、政治家への意欲も隠さなかった。そこに自民党も目をつけた。ところが、週刊新潮(3月31日号)に「乱倫」が報じられ、スポーツ紙は一斉に「公認ほぼ消えた」「参院選ピンチ」と書いていた。

   本人はいち早く不倫の事実を認め謝罪したが、同時に妻の仁美さんも謝罪コメントを出したことで、逆に「なお選挙を睨んでいる」「政治的配慮ではないか」と、ネットなどでむしろ反発は強まった。

最終的に目指している「東京都知事」

   自民党総裁特別補佐の下村博文氏はテレビ番組で、「スキャンダルは大ダメージだ」と擁立取りやめをほのめかしていた。これを確認したということらしい。ただ、これはあくまで自民党の都合で、本人が「断念」したわけではない。政治アナリストの伊藤敦夫氏はこう見る。

「以前から複数の政党から出馬を要請されていたようなので、まだその可能性はあるとおもいます。最終的には東京都知事選を狙うという話もある。かなりの上昇志向で政治に興味を持っているようですね」
票減るのかなあ

   司会の小倉智昭「乙武さんが国会議員になったら、障害者への優しい政策が前進する可能性もあると思うんですけどねえ」

   笠井信輔ニュースデスク「本人が諦めたというニュースではないんです。週刊誌報道への対応も早かったが、不倫の中身が悪すぎたのと、奥さんまでが謝罪したので、かえって反発を強めた感があると、伊藤氏は話してました」

   深澤真紀(コラムニスト)「彼は障害者の代表、いい人というイメージだけど、ツイッターなどで『そうじゃないんだよ』と発信もしていた。そのまま政治家になったら面白いなと思っていました。今回、とくに奥さんまで引っ張り出したのが裏目に出て、夫婦の問題を政治の問題にしちゃったと見なされた」

不可解な妻謝罪で墓穴

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「選挙に出るから書かれたという面があると思います。これまでかなり体制を批判していたのに、与党で出るのもどうかという声もありましたよね。将来、役にたつ政治家にはなれるだろうけれど」

   小倉「今回のことで票は減るかなあ」

   深澤「乙武さんも自民党も妻の謝罪が受け入れられると思ったんでしょうね。昔なら夫の不始末を妻が詫びると収まった。社会の方が変わっちゃってて、許さない。私も驚きました」

   梅津弥英子キャスター「後からいろいろ出てきたことが、イメージを変えたんでしょう」

   5日の「40歳の誕生パーティー」には相当な数の人が集まると見られている。政治家も来るかどうか・・・。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中