2018年 7月 19日 (木)

錦織圭ストレート負け準優勝!ジョコビッチ強かった・・・絶対王者破る秘策あるか

印刷

   「あさチャン!」放送中に、テニスのマスターズ1000マイアミオープン決勝で錦織圭選手がジョコビッチ(セルビア)に敗れたという速報が入った。錦織は第1セットの第1ゲームでいきなりのブレイクで最高の滑り出しだったが、その後はジョコビッチに3度のブレイクを許し、3-6、3-6のストレート負けした。

クレーコートのシーズン開幕!16日からバルセロナ

   沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「マイアミオープンは9つある1000クラスの大会の中でも最も歴史があり、格が違うんです。初めからジョコビッチのプレッシャーがありました」

   ジョコビッチは世界ランキングのポイントでも16540点を上げてダントツで、錦織の4070ポイントをはるかに上回る。プレースタイルは錦織と似ているといわれるだけに、「錦織は研究しているはずだが、ジョコビッチはさらに進化していた」(石井大裕アナ)ということらしい。

   司会の夏目三久「素人が見てもジョコビッチは完ぺきですね。錦織選手は準優勝でもすごいですよ」

   石井アナ「価値ある準優勝です」

   いや、価値ある準優勝では錦織も納得しまい。優勝しかない。今後の課題について、沢松は「なにか一つジョコビッチより優れているものを身につけることです。サーブでいけますよ」と話す。

   次は16日(2016年4月)からのバルセロナオープンだ。クレーコートのシーズンが始まる。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中