「近所のかかりつけ医」作ろう・・・紹介状なしの大病院診察5000円負担

印刷

   医療制度が4月(2016年)から大きく変わった。大学病院など大病院(ベッド数500床以上)で診てもらうには、「かかりつけ医」の紹介状が必要になった。紹介状なしに大病院で診てもらうには、初診料・診察代とは別に5000円の負担を求められる。再診でも別の診療科目で診てもらった場合は2500円以上かかる。大病院が軽症の患者であふれるのを減らすためだ。

いい町医者の条件「よく話を聞いてくれる」「相性がいい」「近所で評判」

   そこで、普段は風邪や体調不良など軽い症状を診てもらい、重症のときに大病院に紹介状を書いてもらえる「かかりつけ医」を探す必要が出てきた。「モーニングショー」は現役医師の10万人が所属するコミュニティーサイト(歯科医を除く)「メドピア」と協力して、かかりつけ医を選ぶポイントをアンケート調査した。

   もっとも大切なのは「良く話を聞いてくれる医師」で、20代の医師は「相談しやすくて質問に丁寧に答えたくれる医師がいい」という。2番目は「相性」、3番目が「ネットよりも地域の口コミ」の順になっている。「メドピア」代表の石見陽・内科医はこう指摘する。

「『よく話を聞いてくれる』や『相性がいい』はコミュニケーションのことなんです。患者とのコミュニケーションだけでなく、医師同士のコミュニケーションが取れている先生は自分の専門外の医師とコミュニケーションを取っているので、多くの医療機関に紹介ができます」

   逆に、要注意の医師もいるという。石見医師は「『とりあえず薬を出しておきます』と多くの薬を出す医師は、診察に自信がないので疑った方がいいでしょう」という。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中