2018年 9月 21日 (金)

オグシオ潮田玲子「(カジノ出入り)2選手の考えの甘さ。本当にショックすぎて言葉にならない」

印刷

   元バドミントン選手の潮田玲子は4月7日(2016年)18時頃にブログを更新し、男子バドミントンの桃田賢斗、田児賢一選手が違法のカジノ店に出入りしていた問題について、自身の見解を示した。

   今夏のリオデジャネイロオリンピックの日本代表である桃田は、7日発表の世界ランキングで2位となり、日本男子初のメダル獲得を期待されていた。それだけに潮田も衝撃を隠しきれない様子で、「本当にショックすぎて言葉にならないというのが素直な感想です...」と語った。「少なからず2選手の考えの甘さや代表としての責任の無さが招いた事態で、決してあってはならない事、そして何よりも憤りを感じます」。代表選手としての自覚や責任を見直し、スポーツマンシップをジュニア世代に教育していくことが大切だと述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中