リニューアル「クロ現+」低調スタート!NHK会長も「もうちょっと見ていただきたいなと・・・」

印刷

   NHKの「クローズアップ現代」が「クローズアップ+」と名前を変え、キャスターも国谷裕子から7人の局アナの日替わりになり、放送時間もよる7時30分から10時に移動して、今週4日(2016年4月)からリニューアルスタートした。首尾はどうか。早くも不安視する声が出ている。

   籾井勝人会長も「もうちょっと見ていただきたいなと思っています」というほど視聴率が下がってしまったのだ。以前は2ケタ視聴率も多かったのだが、4日放送は7・3%、5日6%、6日6・6%とパッとしない。同じ時間帯に民放にスペシャル番組が多かったということもあるのだろうが、スタジオでのしゃべりやインタビュー部分が長く、番組が平板で退屈ということはないか。

   来週からはテレビ朝日系「報道ステーション」がよる9時54分から富川悠太キャスターで再スタートする。クロ現ともろにぶつかるわけで、さらに食われてしまう心配は強い。また、ネットの書き込みには「クロ現の左上のちょろちょろ動くロゴが目障りで番組に集中できない」「目が疲れて船酔いみたいになって、見続けられない」という書きもみもある。改善の余地ありだろう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中