北島康介「超~気持ちえぇ現役引退」解説者?バラエティー?早くもテレビ各局争奪戦

印刷

   水泳平泳ぎの北島康介選手(33)がきのう10日(2016年4月)に会見をおこない、現役引退を表明した。前日の日本選手権の200メートル決勝で5位に終わり、5連続の五輪出場が叶わなかったことからだ。競技生活は28年。輝かしい五輪連覇もある。「幸せな選手生活を送らせていただけました」と振り返った。

   北島はこの日本選手権にかけていた。アメリカを拠点に肉体改造にも取り組んだ。しかし、100メートル、200メートルとも五輪派遣タイムにも届かなかった。予選でも後輩たちの健闘に「レベル高けえ」とおどけていたが、記録自体が伸びたわけではなかった。どんな名選手でもいつかはたどる道だ。

ベストレースは北京五輪の100メートル

   会見で「オリンピックとは何だったのでしょうか」と問われて、「オリンピックがあったから水泳を続けてこられた。最初の夢もそうだし、僕が僕らしく、一番興奮できる場所がオリンピック」と語った。そして、現役引退に「悔いはない」

有言実行

   初めての五輪金メダルはアテネで、100メートルで勝って「気持ちえぇ、超~気持ちえぇ」という新語・流行語大賞になる言葉を残し、200メートルもオリンピック記録で勝った。

   次の北京で100メートルを世界新で勝った時は、涙で「すいません。何も言えねえ」。続く200メートルでも金で、2大会2種目連覇は史上初だった。ベストレース」は「北京の100メートル」と迷わず答えた。

   北島は「チョー気持ちいい」は、泣きたかったのを我慢して言った言葉だったと明かした。「流行語大賞は不思議でしたが、今は自分のネタとして使わせてもらってます」

「コーチにはなりたくないなあ」

   会見には中学時代から指導してきた平井伯昌コーチも同席した。引退後について、「指導者になりたいか」と聞かれて、「(横の)平井先生を見ていて、コーチになりたいと思ったことはない」「東京五輪に自分は出られないが、生まれ育った町だし、すごく興奮する」

   司会の加藤浩次「男の手本ですね。有言実行」

   杉山愛(元プロテニスプレーヤー)「今回は最後まで追い込んで調子も良かっただけに、ショックも大きかったと思います。これだけ頑張れる人だから、どんな方向へ行っても成功できるんでしょうね」

   加藤「各局、騒がしくなってると思いますよ」

   競泳の解説者だけでなく、バラエティーにも引っ張りだこになりそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中