スガシカオ「こんな量じゃかけたうちにはいらん。10袋以上!」スタッフ買い出しの牛丼・紅ショウガ

印刷

   シンガーソングライターのスガシカオは4月10日(2016年)、ツイッターに1枚の写真を投稿し、スタッフが気が利かないと愚痴った。そこには牛丼店の持ち帰り容器と箸1膳、紅ショウガ4袋が写っている。

   「かけすぎ部の部長だって何度も何度も言ってるのに、紅生姜を4パックしかもらってこないスタッフの体たらく。 こんな量じゃ、かけたうちにはいらーーん」。後ろには「かけすぎ部」「紅生姜」「吉野家」というタグが付いている。

   スタッフにお使いを頼んだが、紅ショウガの少なさが不満なのだ。12年10月12日のブログでも、「くれぐれも紅しょうがと七味を、おれ用に10袋以上はもらってくるようにと、何度もいったのだが」と苦言を呈していた。

   これがネットなどで報じられると、「朝っぱらから、他に伝えなきゃならないニュースないのかよ(笑)」とツイッターに投稿した。「今はなんでもすぐニュースになりますからww」「朝から笑いました」など、寄せられたコメントはさまざまだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中