2018年 9月 24日 (月)

衣装ケースに幼児詰め込み「死ぬとは思わなかった」39歳父親の非常識以前

印刷

   子どもが騒ぐからと、プラスチックの衣装ケースに閉じ込め死亡させたとして、きのう11日(2016年4月)、奈良・生駒市に住む父親・井上祐介(39)が殺人容疑で逮捕された。「しつけ」で以前から入れていたといい、以前から虐待の通報があり、生駒市は親に接触もしていた。

母親も「何回もやっていること。気にしなかった」

   井上は10日午後6時前、3歳の長女と2歳の長男がテレビをたたくなど騒いだため、長さ80センチ、幅40センチ、高さ30センチの衣装ケースに2人を詰め込み、蓋をしてロックも掛けた。

・・・・・・

   ケースはグレーで外から中は見えない。そのまま20~30分放置したという。その後、蓋を開けると長女は立ち上がったが、長男はぐったりして意識がなかったという。父親は救急通報したが搬送先の病院で死亡した。死因は窒息による低酸素脳症だった。長女に異常はなかった。

   夕食の準備をしていたという母親は「(夫は)何回もやっていたこと。しばらく子どもの泣き声が聞こえた」といっている。逮捕された父親は「殺すつもりはなかった」といっているという。子どもにアザなど虐待をうかがわせるものはなかった。

虐待通報で児童相談所たびたび接触

   昨年12月、井上の部屋で虐待が行われているのではないかという通報が奈良県の児童相談所にあり、「安全確認」を生駒市に連絡していた。市は医療機関などの聞き取り調査のほか、担当者が訪問して「子どもの健康に問題なし」と確認していた。

   さらに、1月にも母親、子どもと面談しており、「緊急性」は感じなかったものの、家庭訪問は続ける方針だった。しかし、2、3月は子どもがインフルエンザに罹ったため、家庭訪問はできなかったという。

   司会の加藤浩次は腕を組んだまま口を開かず。言葉もないといったところだ。

   湯山玲子(著述家)「これはしつけなんていうものではなく、大きい暴力。そんなことがまかり通っていることにびっくりしました」

   2歳といえば、まだようやく言葉を話し始めたところだっただろう。かわいい盛りという頃で、まったくこの親は・・・。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中