2018年 8月 17日 (金)

衣装ケースに2歳長男押し込め窒息死!父親「しつけだ。以前からやってた」

印刷

   2歳の長男をプラスチックケースに押し込めて死亡させたとして、父親の会社員、井上祐介容疑者(39)がきのう11日(2016年4月)、殺人の疑いで奈良県警に逮捕された。「弁解の余地はないが、殺すつもりはなく、しつけのためにやった」と供述している。衣装ケースに押し込めてふたを密閉すればどうなるか、「殺すつもりはなかった」なんて言い訳は通用しない。

蓋して左右からロック

   井上は10日午後5時50分ごろ、奈良県生駒市の自宅マンションで長男の幸也ちゃんと3歳の姉がテレビをたたくなど騒いだため、幅80センチ、奥行き40センチ、高さ30センチのプラスチックの衣装ケースに姉を上に、幸也ちゃんを下にして入れ、蓋をして左右のロックをかけた。約20~30分後に開けたが、幸也ちゃんはぐったりしており、救急車で病院に搬送後、死亡が確認された。窒息死と見られる。姉は無事だった。

発見難しい

   日本小児科医会の松平隆光会長は「呼吸がしにくく、1分から2分で危険な状態になっていたのだろう」と話す。妻はキッチンで夕食の準備をしており、ケースに入れたことは知っていたが、過去にも入れたことがあり、注意はしなかったという。

子ども押し込め虐待増加

   去年(2015年)12月には、生駒市のこどもサポートセンターに井上の児童虐待を知らせる電話があった。センターは「疑いはない」としてとくに措置しなかったという。

   司会の小倉智昭「これまでもプラスチックケースを使っていたらしいよね。でも、それでしつけの一端だと言いますかねえ」

   キャスターの菊川怜「窒息だったら、体に症状が出ないから発見がむずかしいですね」

   子どもを狭いところに押し込める事件は、この10年間で急増していて、去年は785件にのぼった。13年3月に東京足立区で3歳児をウサギ用のケージに閉じ込めたり、去年11月には山形県米沢市で生後16日の乳児をゴミ箱に入れ、いずれも窒息死させる事件があった。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中