福山雅治フジ「月9」スタートダッシュならず!初回視聴率2桁ギリギリ

印刷

   福山雅治が3年ぶりにフジテレビ系の看板ドラマ枠「月9」で主演ということで注目されていた「ラヴソング」(月曜よる9時)が、きのう11日(2016年4月)にスタートしたが、予想外の大苦戦となった。平均視聴率は10・6%と青息吐息の2ケタ台確保だ。裏番組の日本テレビ系「月曜から夜ふかしSP」の15・3%、テレビ朝日系の「Qさま!!春の豪華SP」の11・8%を下回った。

   月9は冬ドラマの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が9・71%でこれまでの最低視聴率となり、福山頼みで起死回生を狙っているが、前途は厳しそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中