「子供うるさい」近隣住民反対で保育園断念!地元説明なくいきなり建設看板

印刷

   千葉・市川市で4月(2016年)に開園を予定していた私立保育園が、近隣住民の反対で断念した。「子供の声がうるさい」「交通が危険だ」などが反対の理由だが、住民への説明より先に園児募集をかけるなど手続き上の問題もあったようで、待機児童が問題になるなかで論議を呼びそうだ。

「待機児童」全国ワースト9位の千葉・市川市

   開園を予定していたのは社会福祉法人「成未会」(松戸市)で、0~5歳児を対象に定員108人の保育園を市川市菅野の住宅地にある空き地に建設予定だった。昨年3月に建設を市に申請し、市の承認を経て8月に予定地に看板を設置した。直後に近隣住民から市に反対の申し入れがあった。

歩み寄れないか

   市の担当者によると、「静かに暮らす権利がある。保育園をつくるのはいいが、ここは困ると」ということだった。その後、10月から説明会を3回開いたが、「端から『白紙撤回』一本で、話にならなかった」という。

   市川市の待機児童は373人で、全国のワースト9位。市としては108人に期待していたのだが話は進まず、1月には住民から反対署名が提出された。運営者はこの3月に開園を断念した。現地はいまも更地のまま、「保育園建設予定地」という看板が立っている。

   阿部祐二リポーターが反対住民の声を聞いた。ある住民はインターホンで「園児の声は大変。環境破壊だ」という。「狭い道路で交通も多く危険だ」という意見もあった。さらに聞くと、この住宅地は高齢者が多く、待機児童数は少ない。つまり、「よそのガキなんか」という感情があることもわかった。

双方の調整に動こうとしない市役所

   子供の声はたしかにうるさい。小学校、幼稚園、保育園などは、全国どこでも同じ問題を抱えている。東京・大田区の住宅街にある保育園は、防音壁と二重窓でにし、園長は「周囲の理解がないと保育園はうまくいかない」という。

   市川市のケースは、住民との関係を後回しにしたツケといってもよさそうだ。成未会も「もっと早めに近隣の説明をしておけばよかったのかなというのが反省点です」という。防音や交通対策なども考えたが、住民は聞く耳を持たず、議論にならなかったという。

   待機児童のいる母親(29)は「4月に入園できず、育休を伸ばしています。このままじゃ永遠に入れない」と話す。子育て中の大沢あかね(タレント)は「働く親として保育園のありがたみは身にしみています。一方で、住民の方の言い分もわかりますよね。『環境破壊』は悲しいなと思いましたけど、運営者が対策を出しても、一切聞く耳を持たないというのは、日本の未来を考えると辛いなと思う」とコメントする。

   宮崎哲弥(評論家)「うるさいというのは、あまり理由にならないと思いますね。教育施設はどこでもそうですよ。歩み寄りを果たしていかないといけない」

   司会の加藤浩次が珍しく本気でしゃべった。「交通も騒音も歩み寄りで解決できると思いますよ。こうして反対してたら、どこにもできなくなる。どこだって話し合いでちゃんとやっているんだから、一歩前に進まないとダメだよ」

   宮崎「育児の社会化というのを掛け声だけにしてはダメ。こういうところでどう調整するか」

   「地域」が顔を出すようだと都市生活は成り立たない。しかし、お役所が決める方が先というのがいまだに続いている。「もう決まったことだから」と門前払いされて反対に回る人も少なくない。この問題、本気で考えないと国が滅びる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中