2018年 9月 23日 (日)

日清食品CM「自虐ネタ」許容範囲?許せない?「スッキリ!!」視聴者投票

印刷

   「スッキリ!!JUDGE」コーナーで日清食品のCM騒動を取り上げた。カップヌードルの新CMに批判があったというので、わずか9日間で放送中止した。過剰とも言える反応に、「えっ、なぜ?」と思った人も多いはずである。視聴者のリモコン投票の結果はどうだったのか。

宇野常寛「頭おかしいよ、文句つけてるやつら」

   CMテーマは「CRAZY MAKES the FUTURE」で、架空の大学「OBAKA's UNIVERSITY」(学長・ビートたけし)で矢口真里、新垣隆ら騒ぎを起こした人たちが教授として登場し、スキャンダルをネタにひねりを効かせるという「たけし好み」のシリーズだ。

tv_20160414132919.jpg

   たとえば、不倫騒動の矢口は「危機管理の権威」として登場し、「二兎を追うものは一兎をも得ず」と講釈をたれ、「やっちゃえ!みなさん」とVサインをする。商品とのつながりはよくわからないが、不倫騒動を念頭に置いて見ると、クスッとくる。

   ところが、ネットに「不倫騒動をネタにしている」「反省の色がない」「やっちゃえ!はアカンww」などの書き込みが登場し、会社にもクレームがくるようになって、日清食品はホームページに「お詫び」を載せCMを中止した。これにたいして、今度は「攻めてるCMだったのに」「何にでもクレーム」「こんなんで中止になるのかよ」といった反論が溢れた。

   そこで、「『自虐ネタのCM』を許せる?許せない?」というわけだ。司会の加藤浩次、近藤春菜キャスターら全員が「許せる」だった。春菜はCMは見ていないというが、「自虐だし、不倫と言ってるわけじゃないし、CMのインパクトが大事で、面白い、話題になるということではいいんじゃない」

   加藤「ミスはミスでも、いつまで反省しなくちゃいけないのか。謹慎もしたし反省もしたと思うのね。悪くはないと思うが」

   宇野常寛(評論家)は「頭おかしいよ、文句つけてるやつら」と過激だ。「不倫は個人の問題で、他人が許す許さないなんて、何様のつもりだ。このCM自体は好きじゃないが、好き嫌いと混同してる」

   春香クリスティーン(タレント)「ブラックジョークを受け入れないのかな」

   松嶋尚美(タレント)「悪いことじゃない気がするけどなあ」

   坂口孝則(経営評論家)「表現の範囲内のことだと思いますね。削除して、逆にCM効果になっているので意味がない。いったいどれくらいの反対意見があったのか知りたい。そんなにいなかったんじゃないの」

「許せる」27912、「許せない」13587

   では、視聴者の意見はどうか。「許せる」27912、「許せない」13587だった。ちょうど2倍の開きだ。

   宇野はなおも「人をいじめてスッキリしたいかわいそうな人たちが増えているんですよ」と、「やつら」をののしる。

   加藤「どうしたらいいですか」

   宇野「僕らが、人を痛めても自分は救われないよというメッセージを伝えていくことじゃないですか」

   隣のクリスティーンが不思議そうな顔で宇野を見ていた。これもまたわかる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中