毒魚バラハタ「間違えて売った!」築地仲卸店・・・中華料理店すでに客に提供

印刷

   バラハタなんて、聞いたこともない名前の魚が東京・築地市場を揺さぶった。有毒魚なのを高級魚と間違えて売ってしまったのだが、きのう13日(2016年4月)夜になって勝ったのは都内の中華料理店とわかったが、すでに6人の客に出してしまっていた。今のところ中毒症状はないというが、なんでそんなことになったのか。

高級魚スジアラと思い込み

   おととい朝8時半頃、市場を検査で巡回していた都職員が仲卸店でバラハタとみられる魚を見つけた。店員は「スジアラだと思う」と説明したが、都職員は写真に撮り事務所に戻ってバラハタと確認した。急いで店に知らせに走ったが、すでにスジアラとして売ってしまっていた。

tv_20160414121257.jpg

   バラハタはハタ科の魚で、エサとしているプランクトンに含まれるシガテラ毒が筋肉や内臓に蓄積して、食べると中毒を引き起こす。築地市場では扱わないよう指導している。似た外見のスジアラはキロ5000~1万円という高級魚で、このバラハタも1・2キロを4200円で売られていた。

   厚生労働省によると、築地市場でシガテラ毒による中毒は2010年までの20年間に78件報告されているが、バラハタが16件と一番多い。症状は吐き気や下痢のほか、神経系に作用するので体が冷えた感じも出る。筋肉や関節の痛みが半年から1年続くこともある。

沖縄では流通・・・先月も2人中毒

   事故例が少ないのは、バラハタが獲れるのは主に南西諸島で、築地に来ることは滅多にないからだ。沖縄では毒の少ないもの(どうしてわかるのか?)が市場に並んでいて、先月も2人に中毒が出たという。仲卸商の1人は「見たことがないからねぇ」という。スジアラは知っているが、バラハタとの区別となると難しいという。このバラハタは宮崎から来ていた。宮崎でもスジアラと勘違いしていたわけだ。

   春香クリスティーン(タレント)「プロが間違えたらどうしようもない」

   司会の加藤浩次「スジアラだといわれたら、喜んで食べちゃいますよ」

   坂口孝則(経営評論家)「今回は都の職員が目をつけたんだから、なんとかできなかったかなと思いますね」

   「スッキリ!!」は触れていないが、これまでにもバラハタと気づかないまま小売店や料理店に卸されていて、中毒を起こしても「原因不明」として処理されてきたということだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中