ニュー「報ステ」娯楽番組か?ケバい画面にみんなニコニコ・・・ガキっぽく報道の重みなし
<報道ステーション リニューアル初日>(テレビ朝日系)

印刷

   音楽もスタジオのデザインもすっかり変わった。変な音楽である。画面の色もケバ過ぎる。半円形の長いテーブルに並んだのは、真ん中に富川悠太、左に小川彩佳、コメンテーターは後藤謙次、他に新米のアナと天気予報士など、後藤を除いてみーんな若くなった。スポーツアナは寺川俊平。局としては日替わりコメンテーターの政府圧力騒動があったので、穏やかな後藤とニコニコ素直な富川悠太で、ひたすら「摩擦回避」を狙ったような布陣であるが、全体に重みがなくてガキっぽく、報道というよりは娯楽番組みたいだ。
   裏に「クローズアップ現代+」(NHK)が来たぞ、視聴率的に大丈夫か。富川は好感度ありだが、没個性。喋りはまあまあ。並んだ人たちの中では後藤謙次が一番の期待株だ。この人、どこかの番組で摩擦を起こし、「2度と呼ばれなかった」と批判していたから、穏やかな顔に似合わず硬骨漢かもしれない。番組の予告サイトでは、長嶋一茂も出るそうで、あの頭の悪いタメ口男を、何で出しまくるのか理解に苦しむ。巨人筋の圧力なのか、朝ばかりか夜まで出すな。
   初日の賑わい(?)としては引退した北島康介が生出演して、暑苦しい松岡修造や水泳の寺川綾らと盛り上がった。北島は明るいし言葉がぞんざいでバラエティ向きだから、今後、タレントとして引っ張りだこになるだろうが、あんまりそんな場面は見たくない。前人未到のオリンピック金メダル取りまくり男として指導者に成れ。(放送2016年4月11日21時54分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中