福山雅治惨敗!フジ月9ドラマ「ラヴソング」視聴率1ケタに転落

印刷

   福山雅治主演で低調から脱出できるかと注目されていたフジテレビ系看板ドラマ枠月9の「ラヴソング」(月曜よる9時)だったが、きのう18日(2016年4月)の第2話放送で早くも視聴率10%を割ってしまった。

   第1話10・6%、第2話9・1%は、これまでの月9で最低視聴率だった前作の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」をさらに下回る低空ぶりだ。多くの視聴者が熊本地震のニュースを知ろうと、NHKの「ニュースウォッチ9」にチャンネルを合わせたということがあったとしても、福山にしては低すぎる数字である。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中