2018年 9月 25日 (火)

波瑠としっくりきてない大野智!初のラブコメ主演に戸惑い?評判イマイチ

印刷

   <世界一難しい恋(日本テレビ系4月13日よる10時)>大野智にとって連続ドラマの主演は2年ぶりだ。仕事はできるが、性格に大いに難ありのホテルチェーン社長役で、途中入社のわけあり社員(波瑠)に一目惚れしたはいいが、恋愛経験ゼロだからどう接していいかわからない。そんなドタバタを描くラブコメディーである。

松潤の刑事専門弁護士と役チェンジすればよかったかも

   大野と波瑠コンビがどうもしっくりこない。大野がラブコメということもあるのだろうけれど、どこまではじけていいか戸惑っているように見える。2人に比べて、小池栄子の社長秘書役がいい。お見合いを失敗したといっては落ち込む社長を叱咤激励し、なぜ社員に嫌われるかを意見する。不器用な社長が気が気ではないのだ。面倒見のいい姉さんといったところで、もうけ役である。

   大野の童顔が社長に見えないだの、滑舌が悪いだの、代表作「怪物くん」そのまんまの変顔が悪目立ちしすぎるなど評価はイマイチだ。たしかに、嵐の中でも、むしろ松本潤が演じればピタリとハマったかもしれない。その松潤は新TBSドラマ「99・9-刑事専門弁護士-」で敏腕弁護士役を演じていて、こちらは大野リーダーの方がそれらしい。役をチェンジすればよかった。

   しかし、まだきょう20日で第2話だ。達者な大野リーダーだから上手にこなしていくと思うけどね。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中