フジテレビ「春ドラマ」惨敗!ただいま視聴率2ケタ台なし・・・福山雅治も人気子役たちも苦戦

印刷

   春ドラマでフジテレビの低調が目立つ。福山雅治を主役に据えて起死回生を図った月9「ラヴソング」(月曜よる9時)も初回から視聴率10・6%となんとか2けたクリアギリギリで、2話目は9・1%に転落してしまった。伊藤英明、木村佳乃の「僕のヤバイ妻」(火曜よる10時)は初回8・3%、中学生になった加藤清四郎、芦田愛菜、寺田心ら人気の少年・子役を並べ、野島伸司脚本の「OUR HOUSE」(日曜よる9時)は、同じ時間帯で15・5%を叩き出したTBS系「99・9―刑事専門弁護士―」に大きく水を開けられ、4・8%と打ち切りの黄信号が点灯しそうなスタートとなった。深夜帯だが「火の粉」(土曜よる11時)は3・6%と風前の灯である。

   「早子先生、結婚するって本当ですか?」(木曜よる10時)は14日(2016年4月)の初回放送が熊本地震の特別放送で吹っ飛んでしまった。あす22日がスタートとなるが、出鼻をくじかれた印象だ。「早子~」が不調なら、フジ系ドラマはすべて視聴率1ケタ台という『全敗』となってしまう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中