2018年 12月 11日 (火)

韓国のサファリパーク「仁王立ちでウケ狙いの怪しい熊」着ぐるみ?

印刷

   韓国のサファリパークで、人間のように歩くクマが人気の的になっている。竜仁の「エバーランド」は観光客がバスに乗ったまま野生の動物を見物するのだが、ここのクマは後ろ足だけで仁王立ちしたり、バスが移動するのに合わせて小走りを披露することもあるという。

なんか不自然

   しかし、YouTubeでクマの映像を見た人などから、「どう見ても着ぐるみ」「ホンモノのクマではないのでは」などの疑惑の声が上がった。

   司会の小倉智昭「クマにしては立ってるときの姿勢が良すぎるんだよね。4足歩行のほうがぎこちなく見えて、あやしい」

   「とくダネ!」がエバーランドに聞いたところ、クマはもちろんホンモノで、「いつのまにか自然に立ちはじめた」と説明している。たしかに、野生の動物がうようよしているところに、着ぐるみなんかで入ったら、たちまち襲われてしまうだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中