卓球Wツアー『高校1年・平野美宇』優勝!リオ五輪代表には選考もれ

印刷

   きのう24日(2016年4月)に行われた卓球のワールドツアー「ポーランド・オープン」女子シングルスで、高校1年生の平野美宇選手が優勝した。決勝の相手のユ・モンユ選手(シンガポール)は準決勝で日本のエース石川佳純選手を破っていたが、これに圧勝した。しかし、平野選手はリオ五輪代表からはもれていた。

9歳で一般の部に参戦

   決勝戦は圧倒的な強さだった。角度のあるスマッシュ、変化をつけた返球、相手の懐へ迫るサーブと多彩な内容で、ユを寄せ付けず、4ゲーム連取のストレート勝ちだった。国際大会では14年のグランドファイナルで伊藤美誠選手と組んでダブルスで優勝したことはあるが、シングルスでは初めてだ。

選手層厚い

   平野は両親とも卓球選手で、小学1年生の07年に全日本のバンビの部で優勝し、「第2の福原愛ちゃん」と話題になった。全日本の一般の部に9歳で出場はいまも最年少記録だ。世界ランキングでは、石川が4位、福原愛が6位、伊藤が10位、平野は16位だ。

   国内ではライバルの伊藤に遅れをとって4位になったため、リオ五輪の代表には選ばれなかった。しかし、今回のゲーム運びを見ると、急激に力をつけていることがうかがえる。ユは平野より上位の世界ランク7位だ。

男子シングルも水谷元が優勝

   この大会では、男子シングルスで水谷隼選手が優勝した。

   司会の加藤浩次「アベックで優勝ですよ」

   杉山愛(元プロテニス選手)「素晴らしいですね。しかも、相手は石川選手を破ってきているということで、平野選手の実力がついているということですね。あとがこうして続 いているというのは嬉しいですよ」

   加藤「石川選手がいて、愛ちゃんがいて、美誠ちゃんがいると思ったら、美宇ちゃんも」

   杉山「本当、卓球はすごいですね。個人戦はもちろんですが、団体戦も楽しみ」

   加藤「美宇ちゃんはリオ五輪には出られないんだよね。層が厚いと言えるわけですが」

   杉山「男子も行くし、女子も行くし」

   森圭介アナ「東京オリンピックでは20歳になります」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中