前田健急死!心筋梗塞かクモ膜下出血?番組収録の全力疾走後に食事

印刷

   ものまねタレントの前田健がきょう26日(2016年4月)午前1時36分に亡くなった。44歳だった。おととい午後7時すぎ、新宿5丁目のレストランで1人で食事をした後、100メートルほど歩いた路上で嘔吐して倒れた。通りがかった人が心臓マッサージをしたりAEDを持ってくるなどしたが、意識はなかった。すでに心肺停止状態だった。

   警視庁などによると、死因はまだわかっていないが、目立った外傷などもなく、病死とみられる。

「海の幸とトマトソースのパスタ、うまし」とツイート

   前田は倒れる20分ほど前に、レストランからツイッターに「海の幸とトマトソースのパスタ、うまし」と写真入りで書き込んでいた。このときはまったく異常は感じていない。店の従業員はよく来る客だったが、芸能人だとは思わなかったと話す。

どこか異常あったの?

   医師のおおたわ史絵は「突然の心肺停止ですので、発作性の疾患が考えられます。心臓の病気、心筋梗塞とか、もしくは(クモ膜下出血など)脳血管の疾患などです。直前に飲食をしていたこともあり、アナフィラキシーショックの可能性もあります」という。

   前田は高校を卒業後にニューヨークでダンスや歌などを学び、1994年にタレント活動を始めた。ダンスと歌唱力を武器に、松浦亜弥のものまねなどで人気となった。近年は俳優や声優としても活躍しており、新たなステージに踏み出したところだった。

44歳。無理がきかなくなる年齢・・・負けず嫌いの性格が災い?

   司会の加藤浩次「本を書かれたりもしていました」

   はるな愛(タレント)「ものまね番組でもご一緒したし、前田さんがカミングアウトしてから特番などもありました。おネエのコメントの中でも、自分は芸人であると、独特の世界観を持っている人でしたね。少し前に会いましたけど、普通だったし、ショックです」

   加藤「番組か何かで、異常があると言ったという話もあります」

   はるな「食事前に体を動かす番組の収録があって、負けず嫌いで一生懸命やったとか。関連は分からないけど」

   収録はテレビ朝日のバラエティー番組「ロンドンハーツ」で、オネエタレントで50メートル走やリレーをやったという。

   加藤「44歳という若さ」

   湯山玲子(著述家)「この年齢って、気持ちはすごく充実して、前へ進むエネルギーが出るんだけど、体がついていかないんですよ」

   加藤「境目なんですかね。気をつけたほうがいい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中