清原和博なまなましい調書!「覚醒剤売人」初公判・・・1つお願いします。パイプも

印刷

   清原和博に売ったとして覚せい剤取締法違反に問われている小林和之被告の初公判がきのう27日(2016年4月27日)に東京地裁であった。小林は「私は清原被告の『信者』ですので、儲けようとは思っていませんでした」などと話した。

「ホテルの部屋から検出された覚醒剤は私がこぼしたもの」

   公判では清原の調書も読み上げられた。去年(2015年)9月にホテルの一室で覚せい剤を使用したことについては、「ホテルから覚せい剤の成分が検出されたのは私が使った時にこぼれ落ちたものだと思う」と供述していた。逮捕2日前に交わされたやりとりは生々しい。

量刑重そう

   清原「いま大丈夫ですか」

   小林「大丈夫です」

   清原「ありますか。大丈夫ですか」

   小林「大丈夫です」

   清原「じゃあ、1つお願いします。パイプもありますか」

   小林「使ったのならあります」

   清原「中古でもいいから」

   小林「いいですよ」

   この証言、証拠は清原被の裁判にどう影響するのか。新紀尾井町法律事務所の江口大和弁護士はこう見る。「短いやりとりの中に『覚せい剤』という言葉が1つも出てこないですね。ここから清原被告の常習性が見られます。また、小林被告の『信者』という言葉には、清原被告の方が強い立場にあって、したがって清原被告は(押し付けられたのではなく)主体的に覚せい剤を入手していたことも分かります」

清原の初公判5月17日。取り引きを主導

   司会の小倉智昭「清原の裁判はいつでしたっけ」

   笠井信輔ニュースデスク「5月17日から始まります。その前に売ったとされる側の裁判が始まったわけなんですけど、今回出てきた証拠と同じようなものが清原被告の裁判にも提出されると、量刑などいろいろ厳しい内容になると思いますね」

   キャスターの菊川怜「この裁判の影響を受けるということですね」

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中