釈由美子「お腹の子は男の子でした。きっとお父さんの仕業」

印刷

   タレントの釈由美子(37)が4月30日(2016年)のブログで「お腹の子は男の子でした」と報告した。

   釈は昨年1月に亡くなった父の遺品整理の際に自分に宛てた手紙を見つけ、その末尾に「早く結婚して、可愛い孫(男の子)を抱かせてくれ」と書かれていたというエピソードを紹介し、「もーお父さんの仕業でしょう?笑待望の男の子を父の腕に抱かせてあげられなかったことが悔やまれますが、きっと天国からニタニタ見守ってくれることでしょう」と書いた。

   ファンからは「男の子の報告、お父様喜んでるでしょうね」「とても心があったかくなりました」と祝福のコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中