徳光和夫「これから大物に会うから・・・」ちょっと1杯がまんして出かけた先は・・・ええっ、こんな人!?東京「昭和堪能散歩」
<路線バスで寄り道の旅>(テレビ朝日系)

印刷

   日曜の午後、家でまったりしながら見るにはぴったりな番組である。徳光和夫と田中律子のコンビに、毎回ゲストが1人加わる。この日は元宝塚トップスターの真琴つばさだ。3人で東京の池袋~志村坂上~下大塚まで路線バスで回る『昭和の風景を堪能する旅』だった。
   まずはこの4月(2016年)にリニューアルした池袋サンシャインシティ60展望台「SKY CIRCUS(スカイサーカス)」へ上る。ブランコ型体感コースター「スウィングコースター」というアトラクションを楽しんだあと、一行はここから板橋区大山へ向かった。540メートルのアーケードが自慢の大山商店街では、老舗の和菓子屋さん、メンチカツが人気の精肉店をめぐり、地元の人に聞いたおすすめの蕎麦屋で昼食をとる。その後は、志村坂上のおもちゃ屋さんで徳さんがけん玉の腕前を披露したり、史跡を見学したりと寄り道ばかりだ。
   その徳さんがある大物と待ち合わせしていると言いだし、赤塚の乗連寺へ出かけた。大物に会うために、いつも食事時に一杯やるのにきょうは我慢したのだという。いったいどんな大物が待っているのかと期待させて、実は東京大仏だったというオチ。建立が昭和52年と意外と若かったことで、あからさまにがっかりするのはどうかと思った。
   最後は下赤塚商店街の串揚げ屋で1杯やってめでたしめでたし。ゴールデンウィークは路線バスで近場にお出掛け、商店街めぐりでもしようかなと思わせる旅でした。(放送2016年5月1日15時20分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中