2018年 9月 20日 (木)

「錦織圭」次の相手は悪童ニック・キリオス!審判罵ったりラケット叩きつけたり

印刷

   テニスのバルセロナ・オープンで錦織圭選手はきのう5日(2016年5月)、2回戦から登場し、これまで0勝6敗と1度も勝ったことがないフランスのリシャール・ガスケをストレートで破った。スポーツコーナー「みんスポ」で石井大裕アナが「天敵相手に素晴らしい試合でした」と伝えた。

「ニシゴリは最高の選手だよ」

   錦織は第1ゲームでいきなりのブレーク、次のゲームもしっかりキープして上々の滑り出しだった。粘るガスケを錦織はジャンプしてバックハンドでうつ「ジャックナイフ」で封じ、前へ前へと出ていった。ブレークバックされても、つぎのゲームをあわてずキープして、6-4、7-5で振り切った。

   石井「今まで勝てなかったのがウソのように攻撃し続けました」

   沢松奈生子(元プロテニス選手)「落ち着いていて積極的でした。すっきりしました」

   つぎの相手は悪童のニックネームを持つオーストラリアのニック・キリオスだ。審判を「きたない野郎だ」とののしる。コートに叩きつけたラケットが観客席まで飛んだこともある。一方で錦織を「最高の選手」と称えもする。

   石井「本当はいい奴じゃないか」

   沢松「私は悪童だと思いますよ」

   石井「かっちり構えれば勝てます」

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中