「ご主人の一大事!」一人住まいの68歳 転倒・意識朦朧!助け呼びにワンちゃん大活躍

印刷

   一人暮らしの68歳の男性が家の中で転倒して腰を骨折、動けなくなっているのを、飼い犬が吠えて知らせて発見されるという話が千葉市であった。駆けつけた警察官も「アンビリーバボー」という。きのう5日(2016年5月)、人命救助のご褒美にドッグフードの大袋をもらったが、悠然と寝そべったままだった。

8歳の雑種メス「ちーちゃん」お巡りさんを先導

   千葉市に住む横島敏雄さん(68)は先週26日(2016年4月)午後、ベッドで腰を強打して意識も朦朧となり、ベッドに半分這い上がった格好のまま動けなくなった。電話のところにも行けない。そのとき家にいたのは飼い犬の「ちーちゃん」だけ。8歳のメスの雑種で、体長約1メートルと大型だが、極めておとなしい。リードをつけて家の外で飼われているが、中へ入れるように庭に面したガラス戸は細めに開けてあった。

えらいねえ

   横島さんの異変を感じ取ったのか、「ちーちゃん」はリードをつけたまま道路に出て、約100メートル離れた人通りの多い交差点で吠え続けていた。通りかかった女性と父親が保護して警察に通報し、千葉北署宮野木交番の助川智英巡査部長が駆けつけた。

   すると、ちーちゃんは先導して3人を自宅まで連れて行き、玄関にうずくまった。開いていたドアから声をかけると、うめき声がしたので中に入り横島さんを発見した。「人の声が聞こえて、あの瞬間に助けられたと思いました。まさか犬が人を連れてくるとは思わなかった。賢い犬です」と話しながら涙を流した。

   もともと捨て犬だった。横島さんが拾ってきて育てていたが、近所の人の話では、横島さんが酔っている時などは近所に来てそれとなく様子を知らせるような風があるという。体は大きいがおとなしく、ちゃんと家に戻っていくのだそうだ。

犬には飼い主の異変感知する能力

   中山美香リポーターがご近所で話しを聞いていると、ある夫婦が「ちーちゃんの子ども」という犬を連れてきた。この犬も利口で、郵便物をくわえて持ってくるという。

   司会の加藤浩次「犬が人を呼びに行くなんてねえ」

   犬山紙子(コラムニスト)「うちにコロッケという犬がいるんですけど」

   加藤「コロッケ?」

   犬山「こういう話あると試してみるんですが、迫真の演技で倒れてもシカトしてどっかへ行っちゃう」

   加藤「犬はわかりますから、本物かどうか」

   犬山「見抜かれてるの」

   近藤春菜キャスター「今回は異変に気がついたわけですよね」

   中山「専門家に聞くと、犬は飼い主の異変を感知する能力はあるそうです。ただ、今回はいくつかの偶然も重なっているようです」

   リードが外れた、人通りのある交差点で吠えて保護・通報された、ドアが開いていたなどだ。

   菊地幸夫(弁護士)「うちの犬も保健所からいただいた。捨て犬状態という危機から救い出したことで絆は深まるような気がしますね。ちーちゃんもそうかもしれな い」

   加藤「救助犬になる犬もいます。そういう才があったのかもね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中