2018年 9月 23日 (日)

高所恐怖症・小倉智昭「見ただけで足がすくむ」中国の危なっかしい人気展望台

印刷
「ホンットに『とくダネ!』はこの手のニュースが好きなんですが、これね、私に喧嘩売ってるとしか思えないんですよ」

   高所恐怖症の司会の小倉智昭がこう声を上げると、隣にいたキャスターの菊川怜も「だから、そうだって何度も言ってるじゃないですか」と笑う。

高さ400メートル!崖から突き出した巨大な手鏡

   小倉がおびえているのは、中国で先週オープンした展望台だ。高さ400メートル、全面ガラス張りで、山の崖っぷちから突き出している。ちょうど手鏡のような形状で、柄の部分が崖からの通路、その先の鏡の部分がガラス張りの展望台というのだから、いまにもポキンと折れそうだ。小倉は「遥か下には村が広がり、本当に空に浮かんでいるようです。見ているだけでドキドキしちゃいます。観光客が歩いてる床の部分は下の景色がスッケスケ。ガラスでできた柵は大人の身長より低いんです」

こんなもの作るな!

   中国ではこの展望台が大人気になっていて、床に寝そべったり、片足を上げてポーズを決めた写真をSNSなどにアップするのが流行りだ。

   小倉「なんちゅうものを作ってんですかねえ」

   内野泰輔アナ「これ、行ってみたいと思いませんか」

   小倉「だってさ、でき立てのマンションの壁が剥がれる国ですよ。ガラスでできた展望台? バカ言ってんじゃないよ」

いつポキンと折れるか!?

   内野「この展望台は北京郊外の石林峡という観光地にできたもので、崖から突き出した長さ(32・8メートル)、展望台のガラスの面積(415平方メートル)が世界一だと謳っているんです。ただし、乗るには条件がありまして、ガラスを傷つけないよう、靴のカバーのレンタルが必須だということです」

   気になる強度について、展望台の責任者は「主体部分に飛行機などの機体に使うチタン合金を使っており、最大で1900人まで乗れる」と胸を張っているとか。ガラスの厚さはおよそ3・6センチだそうだ。

   小倉「いやあ、どうでしょうかね」

   内野「私は行きたいですけどね」

   小倉「ああ、いってらっしゃい。止めません、全然」

ビレッジマン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中