NHK大河ドラマ「真田丸」BSも人気!5%超の異例の高視聴率

印刷

   女優のセリフや武将の振る舞いが時代劇らしくないと批判もあった三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ「真田丸」だが、視聴率ではなかなかの健闘ぶりだ。これまでの最高視聴率は2話目の20・1%で、17話までの平均17%台半ばはここ5作品で最も高い。

   なかでも特徴的なのはBSプレミアム(日曜よる6時)放送の視聴率の高さだ。ほぼ4~5%を維持している。4月24日の第16話は5・2%だ。「BSでは視聴率3台%でまずまずヒットといわれるのですが、真田丸は5%突破ですからね。これは過去の大河ドラマにはなかったことです」(テレビドラマ制作会社幹部)

   物語はこれから主人公の真田信繁(堺雅人)の賑やかな女性関係や、真田兄弟が敵味方に分かれる徳川家康との第2次上田合戦へと進んでいく。BS視聴者の高評価は続きそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中