安室奈美恵あこがれ「ローリン・ヒル」コンサート2時間遅刻!「運転手が道迷った」で大顰蹙

印刷

   R&Bの歌手ローリン・ヒルは先週、アトランタで行われたコンサートに2時間以上も遅刻して顰蹙をかったが、その言い訳が「運転手が道に迷ったの。しょうがないでしょ」というのだから呆れる。散々待たされたあげく、コンサートホールの終了時刻が迫っているからとステージはわずか40分で切り上げられてしまった。怒ったファンから大ブーイングを浴びたのも当然だ。

   「遅刻を繰り返すアーティストは良くないけれど、遅刻となったらあきらめるしかない。アートというものは予測できないものなのさ」とローリンをかばうラッパーTalib Kweliに対し、「ローリン・ヒルは人々の貴重な時間を無駄にし続けている」「ビヨンセが時間通りにステージを始めるのだから、誰だってそうするべきだろう」などファンが反論ツイートで噛みついている。

ステージすっぽかし常習者

   ローリン・ヒルは1990年代にフージーズで一世を風靡し、高い歌唱力でグラミーの常連となった。安室奈美恵も憧れて、外見まで真似たと言われるくらいだ。その音楽性や才能には目を見張らせるものがあるのだが、音楽業界への不満を漏らし始めたころからわがままが目に付くようになった。ステージをすっぽかしたり遅刻は常習で、2013年には脱税で3か月の禁固刑を受けている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中