2018年 9月 19日 (水)

バレーボール「リオ五輪」最終予選!史上最強でイケメン石川裕希に熱い視線

印刷

   リオデジャネイロ五輪の出場をかけたバレーボール世界最終予選があさって14日(2016年5月)に開幕する。「龍神NIPPON」はキャプテンの清水邦広選手、絶対的司令塔の深津英臣選手に加え、時代を担う4人の「NEXT4」が注目だ。なかでも、日本のバレー史上最高の逸材と称されるのが石川裕希選手20歳だ。

3位以内に入るか、アジア1位

   石川は昨年(2015年)のワールドカップで、世界トップ6に選出にされた実力もさることながら、女性誌では「国宝イケメンアスリート」で第2位にランクインされるなど、甘いマスクで女性ファンをメロメロにしている。

強いチームいる

   予選には8か国が出場し、日本が五輪キップを得るには、上位3位以内に入るか、アジアから出場する4か国中1位になることが必要となる。

   司会の小倉智昭「結構強いチームもいるし、石川はたしかにいいですけど、石川1人で勝てるってもんでもないからね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中