だあ~れも納得しなかった「舛添都知事の釈明」家族と泊まってる部屋で会議

印刷

   舛添要一・東京都知事は先週13日(2016年5月)、政治資金の指摘流用の釈明の会見を行い、「誤解を招いた」「一部で混同があった」などとして、一部返金、政治資金収支報告書の訂正をすると語ったが、支出の趣旨は「政治活動で会った」と主張した。

   「スッキリ!!」が都民1000人に聞いたところ、会見に「納得した」と答えたのはたった5人だった。0・5%ということである。

イタリアン、天ぷら、回転すし・・・言い訳できず「混同し間違って記載」

   2013年1月3日と2014年1月2日に千葉・木更津の温泉ホテルに家族旅行をした費用の合計37万円が「会議費」に計上されていたことについて、知事は「いずれもホテル内の宿泊していた部屋で事務所関係者らと会議をしていた」と政治活動であったことを強調した。会議の内容は2013年は前年の総選挙の処理など、2014年は直後の知事選への対応で、「重要な会議であった」と述べた。

どうします?舛添さん

   「誰が出席したのか」と質問されたが、「政治的な機微に関わることでもあり、プライバシーもあるので、答えを差し控えさせていただきたい」と明らかにしなかった。家族と宿泊していた部屋を使ったことには、「ご懸念を招いたことを反省している」と話した。

   家族の部屋を使うなってことがあるのか。元宮城県知事の浅野史郎氏は「それはあり得るが、それが本当かどうか、論点はそこ」という。政界関係者は「彼はケチだから、そんな会議はありえない」ともいう。

   イタリア料理店、回転寿司、天ぷら店などでの飲食代は、個人的な支出を政治資金として処理した疑いだ。1万数千円、5万円といった金額で、これはさすがに「政治活動に利用したことまでは確認できませんでした。私個人の飲食代が誤って計上されていた」と返金するという。

   「知事は続けるのか」と聞かれると、「全力を挙げて都民のために働く。真摯にお答えしたので、あとは都民のご判断」と辞任を否定した。

都民1000人アンケート―「納得できない」995人、「辞任すべき」619人

   さあて、そこで1000人アンケートだ。995人が「納得できない」「一部納得できない」と答えた。言葉も散々だ。「往生際が悪い」「金に汚い。最低。自分の金でやれ」「見損なった。もうちょっとしっかりした人だと思ったのに。結局は公私混同」

   今後についても、「もう信用できない」「税金払っている以上許せない」と「辞任すべき」が619人。「辞任すべきではない」が349人だった。

   司会の加藤浩次「ベッキーさんの件では、これで終わりにしようと言っていたが、これはどうですか」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「ダメですね(笑)。政治資金規正法は金の入りには厳しいが、出る方は漠然としているんです。政治資金に使ったといえば、細かい中身は問われない」

   加藤「回転寿司で打ち合わせしてたといえば、通ってしまうんですか」

   橋本「通ってしまう。が、政治家は信用がなければ力になりえない。一番大切なのは公私の峻別です。回転寿司で会議をしたかとか、つまらないこと言われては、一番大切なものがクリアされてない」

   加藤「領収書が混同してしまったと説明していますが」

   橋本「1000人の調査で『納得』が5人。これはあきらめ。これが政治不信につながっていきます。期待を抱かなくなる。道徳家である必要はないが、疑いを持たれないようにしないと」

   加藤「995人という結果を舛添さんがどう受け止めるかですね」

   2012年8月にも日光市内のホテルに約8万4000円を支払い、政治資金として処理したいたことが明らかになっている。95%の都民が説明に納得していないとしたら、知事を続けるのはもう難しいのではないか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中