馬術・法華津寛「リオ五輪」最年長出場断念!相棒の愛馬が体調不良

印刷

   最年長で今夏(2016年)のリオデジャネイロ五輪出場を目指していた馬術の法華津寛選手(75)が出場を断念することになった。練習に励んでいたが、パートナーの愛馬が体調を崩し、日本代表を決める選考会に出場できなくなったためだ。宇垣美里アナがスポーツニッポンの記事を紹介した。見出しに「五輪より馬優先」とある。

「無理をさせたくない。元気にすることを優先したい」

   法華津は「(新しい相棒と目指していたが)馬に無理をさせたくないのでリオの夢はあきらめた。まずは馬を元気にすることを優先したい」と話しているという。1964年の東京で初めて五輪出場し、08年の北京、12年のロンドンにも出場、リオに出場していれば最年長出場の記録になるはずだった。

東京五輪でぜひ

   竹内薫(サイエンス作家)「人馬一体の境地ですね。オリンピックで動物と一緒に参加するのは馬術しかありません。古代ギリシアから続く由緒ある競技です。法華津さんは馬に対する愛情があって、残念ではありますが、とてもいいニュースですね。心打たれます」

   竹内は高校時代、馬術部員だったそうだ。

馬が第一という馬術家の鏡

   藤森祥平アナ「馬が骨折やけがをしたというのではなく、体調不良。無理をすれば出場できたかもしれないのに、法華津さんの判断で無理はさせなかったということですね」

   竹内「馬が第一というのは、馬術家の鏡ではないでしょうか」

   藤森「リオはダメでも、次の東京五輪を」

   司会の夏目三久「東京五輪まであと1528日ですね」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中