金爆鬼龍院翔「声帯ポリープ手術で会話できる素晴らしさ知った。ついでにあごもシャープになっちゃった?」

印刷

   ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(31)が5月17日(2016年)のブログに掲載した顔写真が、ファンの間で話題となっている。

   以前のブログで、11日に声帯のポリープ手術を受けて声が出ず、自宅勤務中だと話していた。

「会話出来るって素晴らしいことなんだなぁ。あ、この写メは加工アプリを使ってみたものです実物はもっと親しみやすい顔をしています」。

   公開された写真には、あごが一段とシャープになった鬼龍院翔が写っていた。

「顔も手術した!?」
「こわい!」
「ブログ見ようとして開いた瞬間びっくりしすぎて声が詰まりました」

など、驚きのコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中