「動かなくなった女性を捨てた」逮捕の沖縄米軍属!車の中から被害女性の血痕

印刷

   沖縄のうるま市で先月(2016年4月)末から不明だった島袋里奈さん(20)がきのう19日(2016年5月)、恩納村の雑木林から遺体で見つかった。警察が事情を聞いていた米軍嘉手納基地の軍属シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)の供述によるもので、沖縄県警は死体遺棄容疑で逮捕した。殺害についてもほのめかしているという。

日本女性と結婚して子ども生まれたばかり

   島袋里奈さんは4月28日午後8時13分、交際男性あてにLINEで「ウォーキングしてくる」と告げたまま行方が分からなくなった。男性は29日午前1時58分にLINEで「これから帰る」と告げ、既読にはなったが返事はなかった。

またです

   警察が調べたところ、男性がLINEした直後に、自宅から約1.5キロのうるま市洲崎地区で消えていた。防犯カメラなどから、その時間に付近を車で走っていたフランクリンが浮かび、事情を聞いていた。

   フランクリンはアメリカ国籍の元海兵隊員で、現在は嘉手納基地で働く軍属。「動かなくなった女性を捨てた」という供述通り、恩納村の雑木林で遺体が発見された。シンザトの車からは血痕が見つかり、島袋さんのDNAと一致した。

   シンザトは日本人女性と結婚していて、生まれて間もない子供もいる。2か月ほど前から、嘉手納基地から17キロ離れた与那原町に住んでいる。家のリフォームも車も妻の父親の援助だったという。島袋さんとは面識も接点もなかった。

沖縄県民と地元紙「基地がなければ事件は起きなかった」

   またも起こった米軍関係者の凶悪犯罪に、翁長雄志・沖縄県知事は成田空港で「基地があるが故の事件が起きてしまった。大変残念」と話した。知事は基地問題でアメリカを訪問して帰ったところだった。

   米兵による事件は絶えない。1995年には海兵隊員3人が小学生を暴行する事件が起こり、全島あげての大きな反基地運動になった。今年3月にも米兵が女性を暴行する事件が起きて逮捕されたばかりだ。島袋さんの母親は「私の手で殺してやりたい」と話したという。親族も「沖縄から米軍基地をなくすために立ち上がりたい」と語る。地元紙の琉球新報は社説で「基地がなければシンザトは沖縄にいなかった。事件は起きなかった」と書いた。

   安倍首相は「厳正な対応を米側に求める」とコメントし、岸田文雄外相はケネディ駐日アメリカ大使を外務省に呼び、強く抗議し、軍の綱紀粛正や具体的な再発防止策を求めた。大使は「酷い悲劇です。沖縄県警と日本政府に全面協力し、再発防止に努力を惜しまない私と在日米軍の決意をお伝えします」と答えた。日米地位協定では、公務以外の米軍関係者の犯罪は、原則的に日本側に身柄拘束、裁判権がある。

   司会の加藤浩次「またかと思ってしまいますよね」

   犬山紙子(コラムニスト)「基地の人がみんなそうではないとわかってはいますが、基地さえなければというのはわかりますね」

   沖縄県議会は「基地司令官解任要求決議」をしてオバマ大統領に送ったらどうだ。兵士や軍属の管理もできない司令官は任にあらずと。案外効くかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中