舛添都知事きょう釈明会見!都民納得するか?辞任要求強まりそう

印刷

   舛添要一・東京都知事は美術品購入費を政治資金報告書で「資料代」として計上し、「国際交流で使う資料だ」と釈明しているが、これが国際交流にどう役立つのかさっぱりわからない。

   1980年代に活躍したアメリカのポップアートの画家キース・ヘリングの絵入りの手紙はヤフーのオークションで「ymasuzoe」というIDの人物が落札した。2012年7月で3万円だった。

   業者は「個人の名前で振り込まれているので、個人の趣味で買われたんだろうと思いました」という。振り込みは「31,000(送料込み) マスゾエ ヨウイチ」と なっていた。ところが、領収書の宛名は「グローバルネットワーク研究会」で、但し書きは「現代アメリカ社会資料として」だった。いずれも求められて書いたという。

「購入美術は国際交流に使う資料」どう使ったのか教えて!

   日本大の岩井奉信教授は「政治活動の資料というのなら法律違反にはならないが、どういう風に使われたのかは説明する必要があると思います」という。追及されているのは知事になる前の話だが、舛添氏が知事にふさわしいかどうかということだから、都民にとってはいまの問題だ。

奇妙な領収書の宛先

   司会の加藤浩次「振り込みは個人だが、領収書は会社になっているんですね」

   武井壮(元プロアスリート)「使用名目や内容はわれわれには判断できませんが、大方の人はいやそれはと言うでしょうね」

   犬山紙子(コラムニスト)「この手紙がどう国際交流に使用されるんだろうと使い道を考えても、何もでてこない。信用できません」

   きょう20日(2016年5月)の釈明で都民を納得させられなければ、辞任要求の声が強まりそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中