沖縄女性行方不明で元米軍海兵隊員を逮捕!供述通り雑木林から遺体

印刷

   沖縄県うるま市の会社員・島袋里奈さん(20)が先月(2016年4月)28日から行方不明になり、沖縄県警はきのう19日(2016年5月)にアメリカ軍の元海兵隊員シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)を逮捕した。

   島袋さんの携帯電話から最後に位置情報が確認できたのは県内の州崎地区で、周辺の不審車両を捜索してシンザトにたどり着いた。

辺野古基地移設に強まる反対

   警察に任意同行されたフランクリンは島袋さんの遺体を埋めたことを認め、県警が恩納村の雑木林を捜索したところ、白骨化した遺体を発見した。

   シンザトは現在は米軍嘉手納基地でインターネット関係の仕事に携わっているという。与那原市にある自宅はかなり大きなもので、日本人妻と生まれたばかりの赤ちゃんとの3人で暮らしている。

   中瀬ゆかり(新潮社出版部部長)「もしかしたら、どこかで被害者の方を見かけていたのかもしれませんね。すごい可愛い方ですし、目をつけていたのかもしれない」

   政治アナリストの伊藤惇夫氏は「タイミングとしては最悪ですよね。これによって基地反対運動が活発化する恐れがありますし、オバマ大統領の広島訪問も効果が半減する可能性があります」と見ている。

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中