2018年 5月 21日 (月)

<今週のワイドショー>「舛添都知事」絶体絶命!ボロボロ出てきたセコい政治資金流用

印刷

   舛添要一東京都知事のカネがらみの疑惑が日替わりで明らかになった1週間だった。13日(2016年5月)に釈明会見をしたが、<『舛添要一』絶体絶命!「釈明納得できない」9割、「都知事にふさわしくない」7割>(「あさチャン!」)、<だあ~れも納得しなかった「舛添都知事の釈明」家族と泊まってる部屋で会議>(「スッキリ!!」)と、火に油を注いだだけだった。

都議会6月1日開会!野党の追及必至

   さらに、<舛添都知事お盆休み旅行「日光」もバレて冷汗びっしょり!旅館「口止めされてます」>(「モーニングショー」)、<絵画購入も政治資金「資料代」!舛添知事ヤフオク落札・・・孫文の書や北斎>(「とくダネ!」)と新たな政治資金の私的流用も指摘された。決定的だったのは、それ場ではカネの『出』についての不明朗さだったが、『入』についても新事実が出てきた。

   <今度は「政治資金還流」疑惑!舛添都知事自宅に政治団体から44万円の家賃>(「モーニングショー」)、<舛添都知事「政党交付金」で借金返済?新党結成時に不可解なカネの動き>(「モーニングショー」)、<政党交付金を私物化?都知事選出馬前に舛添周辺で複雑なカネの動き>(「スッキリ!!」)、<舛添氏「政党交付金返還逃れ」都知事選前に自分の資金管理団体に移し替え>(「モーニングショー」)というものだ。政治資金規正法では『出』については細かく報告することを規定していないが、政党助成金は税金であるため使途ははっきりしていなければならない。6月1日からと議会が始まることもあり、説得力ある説明ができなければ辞任要求が強まりそうだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中