2018年 7月 16日 (月)

<1年前のワイドショー>桜島で爆発的噴火!日本列島は火山活発期に入った

印刷

   九州・桜島が昨年(2015年)5月21日、1955年の観測開始以来6番目という大きな噴火を起こした。ワイドショーは中継画像を交えて<桜島噴火!山体膨張し2020年ころ大爆発の恐れ―きのう噴煙4300メートル>(「スッキリ!!」)、<桜島噴火!住宅街に噴煙、100キロ離れた種子島でも降灰―観測史上6番目の規模>(「とくダネ!」)と伝えた。

   その1週間後には、鹿児島沖合いの口永部島でも噴火があり、<続く噴火・地震!日本列島大変動の前兆か?「今まで運が良かっただけ」(専門家)>(「スッキリ!!」)、<『火山大国』に戻り始めた日本列島!専門家「ここ100年は噴火少なすぎた」>(「あさチャン!」)と心配された。桜島は今月1日(2016年5月)にも爆発的噴火があり、噴煙は4100メートルに達した。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中