笑点・司会「昇太で視聴率落ちたら、次は最後の切り札の私」円楽早くも虎視眈々

印刷

   日本テレビ系の人気番組「笑点」の大喜利の司会をきのう22日(2016年5月)で桂歌丸が引退、6代目は春風亭昇太と発表された。先週金曜日(20日)に笑点メンバーが番組宣伝で「スッキリ!!」で顔を揃えたときは、三遊亭円楽が「誰が見ても私」とうそぶいていた。実はメンバーには2月には次の司会者を知らされていたのだそうだ。

歌丸の地元・横浜橋商店街では居酒屋に集まって下馬評

   歌丸の地元、横浜橋商店街には、「お疲れ様でした」という横断幕も出た。20年ほど前から名誉顧問もしているそうで、この日も大勢が居酒屋で「笑点」を見ていたが、「昇太」の発表には「エーッ」「うそやろ」「一番若いんじゃない?」などの声が上がった。「かえっていいんじゃない」「嬉しい。若いからやりやすいんじゃないか」という声もあった。

意外でした

   歌丸は「落語はこれからも続けていきますので、どうぞよろしく」と最後に涙を見せた。「最後だと思うとジーンと来るものがあるもんですから、いつもの笑点、いつもの笑点と言い聞かせていたんですが・・・」

   昇太は1982年に春風亭柳昇に入門、82年に真打昇進し、新作落語に力を入れている。笑点には06年から出演している。自己紹介で、「46歳はここでは若手ですが、織田信長ならそろそろ死んじゃう歳です」と笑わせた。会見で大竹真リポーターが円楽に「敗戦の弁」を求めると、「そうじゃない。私は最後の切り札。昇太がうまくいかなくて視聴率が落ちた時が私の出番」

レギュラーの穴埋めるのだれ?

   司会の加藤浩次「昇太さんは意外だったですね」

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「見ていて、エーッと声が出ました」

   加藤「円楽さんだと思ってましたか」

   高橋「思ってました。ネットでもそうだったし」

   加藤「ネットはあてにならないですね」

   大竹によると、回答者個々のキャラクターが必要で、消去法で昇太さんになったのだという。

   加藤「(23年司会を務めた)先代円楽さんが50歳からだから、昇太さんも若いわけじゃない」

   昇太が抜けた回答者には誰がなるのか。次の日曜(29日)の生放送で明らかになるそうだ。引っ張るねえ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中