2018年 9月 26日 (水)

我田引水が見えている「舛添疑惑」第三者調査!委託弁護士名も公表せず

印刷

   数々の疑惑を「第三者の厳しい目で調査してもらう」と繰り返している舛添要一都知事は、2人の弁護士を『第三者』に任命したという。政治資金規正法に精通した元検事の弁護士で、舛添知事とは面識のない人という。ところが、2人の氏名は明らかにされなかった。他からの影響を排し、公正を期すためという。

元東京地検検事「これではだれも信用しません」

   元東京地検検事の郷原信郎弁護士はこう批判する。「舛添さんは本来、自分で説明しないといけないのに、代りの第三者が調査するわけですから、利害関係がないことを名前で示さないと誰も信用しません。調査結果の期日も示すべきです」

利害関係ない?

   高木美保(タレント)「利害関係がないかどうかをみんなが知りたいわけですから、公表することが大事ですよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「公正さには、公開が大事なのは分かっているはずですがねえ」

   そもそも、自分で弁護士を選び、その費用も自前という「第三者による調査」の狙いとは何なのか。郷原弁護士は「『第三者が調査中』という時間稼ぎだ」と見る。あるいは、調査結果を盾に都議会の厳しい追及を乗り切ろうという算段なのかもしれない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中