清原和博「薬物依存」脱却できるか?故郷・岸和田で3か月の更生プログラム

印刷

   覚せい剤取締法違反に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)がきのう31日(2016年5月)、東京地裁で懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。今後は故郷の大阪府岸和田市に帰り、専門の施設で薬物依存症の治療を受けるという。どのように立ち直っていくのか。

   裁判官は判決後、「あなたは決して1人ではありません。お父さんや親戚、支援者の方、証人として出廷した(野球解説者の)佐々木主浩さん、そして全国に根強いファンがいることを忘れないでください。厳しい現実が待っていると思いますが、覚醒剤を断ち切って、1日も早く立ち直ってほしいと期待しています」と述べた。

清原は深く一礼をして、傍聴席に「このたびは誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

覚醒剤再犯率64・8%

   清原は大阪で3か月の更生プログラムに取り組むとみられる。だが、覚醒剤の再犯率は高く、警視庁によると再犯率は64.8%(2015年)となっている。薬物に詳しい小森榮弁護士は「執行猶予中の再犯で一番差があるのは、監督者がいるかいないかで、再犯率が半分くらい違う」と話す。離婚し、子供と離れ、孤立した環境にいれば再犯の可能性が高くなると指摘する。

野球界に戻るな

   励まし、再起を願う人は多い。佐々木主浩さんは「球界の先輩、後輩らでできる限りのサポートをし、彼の心の支えになれれば」と話し、PL学園時代にチームメートだった桑田真澄さんも「しっかりとリハビリに専念したうえで、また野球界に元気な姿を見せてほしい」といっている。

野球への未練はマイナス

   辛口のコメントもある。藤森祥平アナがサンケイスポーツの記事を紹介する。漫画家のやくみつる氏は「野球界への復帰を期待する声もあるが、享楽的な環境に戻るべきではない。野球から『お前はいらん』と言ってあげてほしい。それが愛情の裏返しです」

   テレビプロデューサーのテリー伊藤氏は「今後は荒波しかない。『清原は死んだ』と思った方がいい。コーチや監督の依頼がなかったのは、現役時代の行いが悪かった証拠。ユニホームを着たときから反省してほしい」と厳しい。

   司会の夏目三久「懲役2年6か月、執行猶予4年。これは長い闘いになりますね」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中