「サラリーマンお小遣い」東京と大阪どっちが多い?5000円の格差

印刷

   サラリーマンお小遣い調査で、東京と大阪で5000円以上の差があることがわかった。どちらが多かったのか。街で男性サラリーマンに聞くと、東京は「小遣いは月3万円、あと1万円ください」(30代)、「2万円。値上げの交渉をしているが、妻が上げてくれない」(40代)。大阪は「4万円」(50代)、「2万から3万円だけど、家の金がどうなっているのか、全然わからない」(20代)という答えが返ってきた。

使い道にも大きな違い「外向き」「内向き」

   司会の夏目三久がボードで示した平均月額は、東京4万611円、大阪3万5257円と東京が上回った。「東京のほうはちょっとかっこつけで、見栄をはる文化もありますね。理想のお小遣い額は、東京、大阪とも、もう2万円上げてほしいということでした。しかし、その交渉には70%が失敗していました」

引き上げ交渉失敗

   使い方では、東京が飲み代などの交際費中心と外向き、大阪は趣味やファッション中心と内向きだった。買い物の決定権を自分が持っているという人はどちらも50%だったそうだが、50代の妻に聞くと、東京で86%、大阪では94%が「私が持っている」と答えていた。

   夏目「なかなか埋められない差があります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中