北海道の不明小2男児発見!置き去り現場から数キロ離れた自衛隊演習場

印刷

   番組が始まって30分ほどたったとき、北海道・七飯町の山林に置き去りにされ、行方不明になっていた小学2年生の田野岡大和君(7)が発見されたという情報が飛び込んできた。

司会の小倉智昭「いま速報が入りました。田野岡大和君が行方不明になっているニュースで現場に動きがあったようなんです。現場は把握していますか」

   現場に1週間張り付いていた田中良幸リポーターに呼びかける。

「はい、本当に先ほど入ってきた情報ではあるんですけど、自衛隊によりますと、駒ケ岳周辺でけさ男の子が保護されたという話が入ってきました。ただ、身元については現在、確認中ということで、安否は保護という表現を使っていますので、無事だということです」
小倉「保護された時間とかは、まだいっさい発表されてないんですよね」
田中「はい、おそらくきょうの朝に保護されたものとみられます」

建物の中で飲まず食わず6日間

   8時45分にまた新しい情報が入った。笠井信輔ニュースデスクが「男の子は自分で『田野岡大和』と名乗ったそうです。けがなどはしていないという一報も入っています」と伝える。

見つかりました
梅津弥英子キャスター「一部情報ではありますが、男の子は歩いて自衛隊の施設に、午前7時50分頃に現れたということです」

   さらにその2分後。「インターネットの北海道新聞の情報によりますと、自衛隊の駒ケ岳演習場内で見つかったということです」(笠井デスク)。演習場は置き去りにされた林道から数キロの距離だという。

田中リポーター「(現場保存のための)規制線が解かれました。本人かどうか確認されたものと見られます」
小倉「一番ホッとしてるのはご家族だと思うんですが、とくにお父さんね」
中瀬ゆかり(新潮社出版部部長)「しつけということで置き去りにしたそのシーンを何度も思い出して、あんなことするんじゃなかったと思ってたでしょうからね」

捜索が始まる前にたどり着いてた?

田中リポーター「最新情報ですが、大和君は演習場で発見されたんですが、ドクターヘリで函館市内の病院に運ばれているということです。目立った外傷はないということなので、検査などが主な目的と見られます。周辺にた親族も函館市内に向かっているそうです」
笠井デスク「新たな情報ですが、発見された状況について、自衛隊員の話によると、演習場内にある隊員が寝泊まりする建物の中で男の子を見つけたそうです。隊員はお腹がすいているようだったので、水とおにぎりをあげたそうです。食べ物は持っておらず、服装はそのままだったそうです。(不明通報のあった翌日の)土曜の夜には歩いて小屋にたどり着いたと話しているということです」
キャスターの菊川怜「捜索が始まる前にはたどり着いてたということですね」

   まだわからないことが多い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中