水道橋博士「ジョディ・フォスターと共演して幸せ。『タクシードライバー』でアイリスに擬似恋愛したのを思い出す」

印刷

   お笑い芸人の水道橋博士(53)は6月3日(2016年)、映画の宣伝のために来日しているアメリカ人女優ジョディ・フォスターと同じ番組に出演したとツイッターで明かした。「昨日、同じ歳のジョディ・ファスターと共演して、タクシードライバーのアイリスの写真にサイン貰えるなんて62年生まれ組で最も幸福だったかも」。

   「タクシードライバー」は1976年に公開されたマーティン・スコセッシ監督の映画だ。ロバート・デ・ニーロが主人公トラヴィスを演じ、フォスターは物語の中心人物である少女アイリス役だった。「思春期に孤独で『タクシードライバー』を見た人はアイリスに擬似恋愛し、もしかしたら俺はトラヴィスになるかも?という疑心暗鬼に囚われるものだ。それが40年も過ぎれば、同じ時代の共演者として共感を語り合えるようになる。シミジミとするなぁ」と博士は語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中