茂木健一郎 炎上の尾木ママ擁護「一環して子どもを尊重しようとおっしゃっている」

印刷

   北海道の小学2年男児を置き去りにした事件で、教育評論家の尾木直樹(69)は父親を批判しているが、脳科学者の茂木健一郎(53)は6月6日(2016年)のブログで尾木を支持した。

   「尾木ママは、一環して、子どもを尊重しよう、とおっしゃっている」と話す。尾木に言われて今も忘れられない言葉として、「たとえ失敗しても、子どもが自分で選んだ道ならば、そこから学んで、自己肯定感に結びつけることができる」を紹介している。「今の時代、親御さんや先生が、子どもたちにこうしなさい、と押し付けることが、多すぎるのではないでしょうか。子どもが自分で考えて、自ら選び取っていく、そんな自由をもっと大切にしたいと思います」と持論を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中