2019年 11月 15日 (金)

舛添知事の言い訳追認しただけ「第三者調査」私的流用不適切だが違法じゃない

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   舛添要一・東京都知事は政治資金の私的流用問題できのう6日(2016年6月)、「第三者」の調査結果を報告した。家族旅行や絵画の購入など約440万円が「不適切」支出とされたが、「まったく違法性はない」と予想された内容で、これを受けて知事は続投の意向を表明した。会見は知事が主宰して、3人で行われた。

一件落着とばかりに「知事続投」表明

   「第三者」は佐々木善三、森本哲也両氏で、ともに元検事の弁護士。舛添氏の依頼で疑惑の内容を精査したという。とはいっても、作業の内容は政治資金報告書と領収書などの確認と、知事本人からの聞き取りがほとんどだった。

夏目:納得できました?

   63ページの調査報告書では、ホテル代など19件中6件の約80万円、飲食費65件中14件の約34万円、絵画・書籍の購入106件315万円の計約440万円が「不適切」「一部不適切」とされた。書籍の中には子供漫画「クレヨンしんちゃん」などまであったと言う。

   「適切」とされた中にブランド品のバッグがあった。資料などを入れ執務に使ったという。政治資金パーティーで配られた知事の似顔絵入りのまんじゅうも問題ナシだった。

   これらを法的に見ると、政治資金規正法は政治家が受け取る金を規制しているもので、支出に縛りはない。政治家が「政治活動だ」と言えば通ってしまう。法律が不備なのだ。第三者からお墨付きを得る狙いもここにあったと言っていいだろう。

   「不適切支出」は返金が相当とされたが、知事はこれらを受け入れると表明し、公用車の使用が問題になった神奈川県・湯河原の別荘は「売却してけじめをつけたい」と語った。そのうえで、「深く反省し、生まれかわった気持ちで都政に取り組む」と続投を表明した。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中