発熱・下痢の乳児放置死の託児所責任者「無罪」主張!保護必要と思わなかった

印刷

   発熱や下痢の症状があるのを知っていて医師の診察を受けさせず放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われている託児所元責任者、木村久美子被告(59)の初公判が宇都宮地裁で6日(2016年6月)に開かれた。

   起訴状によると、木村は託児施設「といず」で2014年7月、預かっていた山口愛美利ちゃん(生後9か月)を熱中症で死亡させた。弁護側は「保護が必要との認識はなかった」と無罪を主張した。木村は別の乳児2人に毛布を巻き付け、ひもで縛ったとして暴行罪でも起訴されており、これについては認めた。

日ごろから「下の世話うんざり」「子供は嫌い」

   公判では、施設でパートとして働いていた元従業員が、木村の信じがたい言動が証言された。「私はこうして毎日、下の世話をさせられている」「放っておけば疲れて寝るから放っておけ」「子どもは嫌い」などと口にしていたという。

酷すぎる

   愛美利ちゃんの遺影とともに出廷し証言台に立った母親は、「悔しい気持ちと腹立たしい気持ちが混在して証人席に立った時は震えが止まりませんでした」と怒りを滲ませ、司会の小倉智昭も「下の世話は当たり前じゃないですか。仕事じゃないですか。酷いですね」と憤った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中