2018年 9月 21日 (金)

有村架純「テレビはいつも緊張します。お芝居している方がリラックスできる」

印刷

   女優の有村架純(23)は6月9日(2016年)、11日公開の映画「夏美のホタル」の舞台挨拶で名古屋を訪れた。「ビリギャルの時もそうでしたが、名古屋の皆さん元気で優しいですね!!」と感じたとブログに書いている。

   ドラマや映画に数多く出演してきた有村だが、「テレビはいつも緊張します」「お芝居しているほうがまだリラックスできてる気がする。笑」。残り1本だった「親知らず」を抜いたことも報告し、「当然お仕事に支障のないようにとは思うのですが、万が一腫れた場合は笑っておくれ。笑 久しぶりに抜くから痛さ忘れたな。怖いな。笑」と語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中