東国原英夫、円楽不倫会見は「リスク管理能力が高い」

印刷

   元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫(58)は2016年6月11日、写真週刊誌「フライデー」に一般女性との不倫を報じられた三遊亭円楽(66)の記者会見について、「匠の技である」とツイッターで独自の見解を交えて絶賛した。

   東国原によれば、記者会見では人の「人間性や論理性、表現力や機転や判断力や説得力等、あらゆる能力が露呈する」という。自身もこれまで数多くの経験があるというが、「中々、『記者会見道』を極められていない」と記者会見の難しさに言及した。

   その上で、円楽が10日に開いた不倫の謝罪会見については、

「余り、記者会見歴は無いと思うが、匠の技である」

と感心。「被害を最小限に収めている。リスク管理能力が高い」とも続け、円楽の「手腕」を手放しで褒め称えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中